初心者は知ってる?VIO脱毛は痛みをがまんしすぎないことがとても大切

VIO脱毛をするときは、施術中に痛みを調節してもらうことが大切です。ほかの部位にくらべ、デリケートなVIOゾーンは痛みを強めに感じやすいからです。痛いと思ったらがまんせず、担当スタッフにその場で告げるようにしましょう。いいサロンなら、スタッフはそこで機械をすぐに調節して痛みを軽くしてくれます。
%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

現在エステサロンの主流となっているのがフラッシュ式脱毛です。フラッシュ式は痛みの少ない脱毛方法です。ただ効果が弱いため、何度も施術を繰り返さないとすぐに元のように毛が生えてきてしまうというデメリットがあります。効果をあげるには、照射するフラッシュの強度をあげるしかありません。適度な脱毛効果があがるように、さいしょからそれなりに強めに光の強度がサロンでは設定されています。

脱毛をしたことのない初心者さんほど、少ない回数で施術を完了したいと思うものです。ただでさえ不安なのに、VIOなんてさっさと終えたいというのが本音でしょう。多少痛くてもついがまんしてしまうひとが多いのはこのためです。

とはいえ強い痛みをだまってがまんすることはナンセンスです。初心者のなかには、痛みがトラウマになって、サロン通いをけっきょくやめてしまうひとはたくさんいます。せっかくローンを組んだのに、痛みの小ささが評判のほかのサロンへ移ってしまったりするひともめずらしくありません。痛みをがまんしすぎることは本末転倒なのです。

恥ずかしがらずに、痛いと思ったら担当スタッフにすぐに声をかけてください。指導の行き届いたサロンであれば、スタッフはフラッシュの強度をその場で下げてくれます。いいサロンのスタッフは一方的に施術をすることはありません。お客とつねに対話をして反応を見ながら、光強度の加減ができる脱毛をするようにスタッフは教育されています。

VIO脱毛を成功させるには、担当スタッフとのコミュニケーションを通じて痛みを少しでも軽くすることがコツです。無料カウンセリングにいったら、気配りのできる優秀なスタッフがいるかどうかについてもチェックするようにしましょう。